DCDAC-200std オーディオデザイン USB対応D/Aコンバーター Audio Design
【返品種別A】
□「返品種別」について詳しくはこちら
2017年06月 発売

メーカー保証期間 1年

※生産数が非常に少ないため納期までお日にちをいただく場合がございません。予めご了承下さい。
※当面の間DCDAC-200stdのみの販売となります(DACの個別組み合わせでの販売はいたしません)。
内部DACボードは今後順次追加していきます。ボードの交換は弊社でのみ行います(お客様での交換は出来ません)。
将来の内部ボードの交換作業には計5万円(税別)※が必要です。(※2018年2月の発売時点)

2019-09-08
カテゴリトップ>オーディオ>単品コンポ>USB-DAC

「担当者のコメント」

★『 DCDAC-200 』はオーディオデザイン社の設計コンセプトである、「従来型の感性や定説による設計手法も、電気特性を重視した設計手法もとらず、どんな要因が音質に影響を与えているかをまず探ることだ」とのコンセプトの基に企画された製品です。本機は将来にわたってDACボードの交換を前提として設計されており、その都度音質の向上や音色の違いを楽しめるという実に先進的な機能を持った、USB及びSPDIF入力を装備したD/Aコンバーターです。本来3種類のDACを搭載できる仕様ですが、標準仕様の『 DCDAC-200std 』では、マルチビット型ラダーDACチップの「PCM1704」と、ΔΣ型の「ES9018S」が組み込まれています。
巷ではどうしてもDACチップが音質を支配しているような印象を持たれがちですが、DACチップは電源やその周辺回路、使われる個数、使い方、実装技術などトータルで動作するものです。実際のところオーディオデザイン社としては、設計する立場からは、その依存度は3〜4割程度と考えているようです。
マルチビット型の「PCM1704」は今や貴重なバーブラウン製で、マルチビットの代表的なサウンドで一世を風靡した名DACです。一方のΔΣ型の「ES9018S」は米ESS Technology社製で最新鋭のDACチップとして、近年多くの機器に採用され持て囃されています。
電源部にもオーディオデザイン社のこだわりを見せており、デジタル用に3系統の独立した安定化電源に加え、アナログ用にもDCアダプターなどで定評のあるリニア式高速低インピーダンス安定化電源を2系統搭載しています。ノイズ対策やサウンドに留意した贅沢な高音質設計としています。
『 DCDAC-200 』のDACチップによるサウンドの違いは、私が従来から持っていたイメージ通りのものでした。それはUSBでも、CDからのSPDIF入力でもほぼ同じ傾向でした。
「PCM1704」では、音が重厚で太く、温かくコクがあり、中低域にコッテリ感や密度感を感じさせました。一方の「ES9018S」では、繊細さが加わり、しなやかで滑らかなサウンドとなり、音場の見通しがよく、リアル感よりも質感や空気感を感じさせるサウンドとなりました。
『 DCDAC-200 』は、2種類のDACによるサウンドの違いが楽しめるユニークなD/Aコンバーターです。将来的なアップデートや新たなDACボードの供給も想定されており、将来にわたっての陳腐化が回避された、先進的なD/Aコンバーターと言えます。
さらに詳しくは、ハイエンドオーディオスタッフブログまで! 


★常に新しいUSB対応バランス構成DAコンバーター
DCDAC-200は新しいコンセプトのDAコンバーター。複数のDAコンバーターを搭載できるUSB-DAコンバーターです。
後からDACボードの交換にも対応することから、プログレッシブ(進歩する)DAコンバーターと名付けました。
DAコンバーターにおいては特にDACチップが数年おきに新しい物がリリースされています。ただ入出力のデジタル回路、電源、アナログ回路、ケースについては同じです。
新しいDACチップが出たら、DAコンバーターを買い換えるのではなくDACチップを搭載したボードを交換することができる。それによって常に最新のDACチップを使用した最良の音質を楽しむことが出来る、それがプログレッシブ(進歩する)DAコンバーターのコンセプトです。


◆必要にして充分なデジタル入力回路
デジタル入力として光と同軸ケーブル用のSPDIFそしてUSB入力を備えています。DSD2.8MHz5.6MHz再生が可能。
USB入力は非同期式のクロック回路を実現しジッター低減に貢献しています。サンプルレートコンバーターは最大768kHzのサンプリングレートに変換することが出来ます。


◆2つの名DACチップを搭載したDACボード
DACボード等を交換することで常に最新型のDACチップを使用できます。
複数のDACチップ搭載しており比較試聴が可能です。最大3つのDACボードを搭載可能です。

◆標準構成stdではマルチビットDACの最高峰PCM1704とデルタシグマ型DACのESS社のES9018を用意

【マルチビットDACの最高峰PCM-1704】PCM1704を4ケ使用したDACボードPCM-1704バーブラウン社(現テキサスインスツルメンツ社)のマルチビットDACの最高峰です。ラダー回路を工夫を凝らされた定電流源で駆動することで768kHz/24bitの精度を確保しています。
重圧な音質を再現することが苦手なデルタシグマ方式のDACとは一味異なるDACチップです。古いDACではありますが最新式の実装技術と組み合わせて更に音質を向上させました。
 ※このチップは現在では製造中止となりましたが、オーディオデザイン社の在庫分のみ販売いたします。

ΔΣ方式+オーバーサンプリングのES9018】ES9018DACボードESS社のDACチップは内部でオーバーサンプリングを行うことで可聴帯域の低歪化を計ったDACチップです。その音質は非常に繊細な音を再現することで定評があります。
このDACチップはデジタル的な工夫が存分に施されているものの、アナログ的には性能が出にくい設計のため、その音質は基板設計などの実装技術に大きく左右されます。オーディオデザイン社の基板はそのポテンシャルを最大限に活かす設計となっています。

◆デジタル用3系統に加え、2系統のアナログ専用ディスクリート安定化電源による計5系統の安定化電源搭載
デジタル用には3系統の独立した安定化電源に加え、アナログ用にはDCアダプターなどでも定評のあるリニア式高速低インピーダンス安定化電源を2系統搭載。贅沢な構成ですが、高音質の基盤となっています。

◆重圧と繊細さを両立したハイエンド機器で聴くにふさわしい音質DACチップがいくら良くてもその音質がよくなくてはなんにもなりません。DAコンバーターの音質を左右るものは何でしょうか? オーディオデザインではその疑問に長年取り組み、他のDAコンバーターとは一線を画する製品を作ることが出来たと確信しています。
重圧にして繊細、耳障りなところが一切無いにも関わらず、ガチンとくる音、それがこのDAコンバーターの音です。あなたのオーディオシステムの一変させるポテンシャルを持つDAコンバーター、それがDCDAC-200です。


■ 仕 様 ■


その他


(※この説明文はの記載内容です。URLはhttps://item.rakuten.co.jp/jism/で始まります。URLが異なる際はサイトを利用することのないよう十分ご注意ください。)
オーディオ>単品コンポ>USB-DAC



こちらの商品は、【まごころ長期修理保証】に加入可能商品です。
長期修理保証にご加入希望の際は、以下のリンク先より専用の加入料も一緒にお買い求め下さい。

・まごころ長期修理保証(保証5年)[加入料:対象商品代金の5%]商品「DCDAC-200std」専用加入料(※加入料のみ注文不可)

※対象商品と専用加入料を分けてのご注文は承れません。必ず一緒にご注文して下さい。
※まごころ長期修理保証についての詳細・注意事項はこちらのページをご一読下さい。

 
価格
540,000円 (税込)
※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
お取り寄せ/1ヶ月以上 /納期かかります
個数
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く

SBI証券 オンライン口座開設

INFORMATION

資産運用セミナー

PAGE TOP

株式会社Fan (Financial Advisor Network) /Fan co.,ltd.
COPYRIGHT © SBI証券 株式会社Fan ALL RIGHTS RESERVED.