中島千波
『寒緋牡丹』
リトグラフ(石版画)
【中古】



■寒緋牡丹

 王華・富貴花とも呼ばれる美しい牡丹。
 大切なお客様をおもてなしするのに
 最適な花と言われています。
 見事な緋色が目に鮮やかなとても美しい
 作品です。

 在庫限り。
 再入荷の予定はございません。



■中島千波

1945 長野県上高井郡小布施町に生まれる
1965 東京芸術大学美術学部日本画科に入学
1969 第54回院展 (東京都美術館) に初出品・初入選
1970 神奈川県美術展 (神奈川県立近代美術館)でK氏賞受賞
1971 東京芸術大学大学院を修了
1977 第32回春の院展、第62回院展でそれぞれ
    奨励賞受賞、以後数回受賞
1979 第5回山種美術館賞展 (山種美術館) で優秀賞受賞
1980 第2回日本秀作美術展 (日本橋・高島屋) に選抜出品
1984 「横の会」結成に参加(第10回展で終了)
1988 宮尾登美子作『きのね』(朝日新聞連載小説) の挿絵を制作
1989 ユーロパリア1989ジャパン現代日本画展に出品(ベルギー)
1990 第1回両洋の眼(日本橋・三越)に出品
1992 永井路子作『姫の戦国』(日本経済新聞連載小説)の挿絵を制作
    おぶせミュージアム・中島千波館(長野県小布施町) 開館
1993 諏訪北沢美術館10周年記念・中島千波展(長野県)を開催
    横浜市民ギャラリー「いきなり拒絶反応しないで」中島千波展開催
1994 東京芸術大学美術学部助教授に就任
    鎌倉鶴岡八幡宮 斎館貴賓室床の間壁面に孔雀図制作
1995 パリ三越エトワールにて『中島千波の世界』
    パリ展開催 (朝日新闘社主催)
1996 第1回「目それぞれのかたち展」(日本橋・高島屋) 開催
    伊藤彬・中野嘉之・中島千波・畠中光享・林功により『目の会』を結成
1999 中島千波屏風絵展<花と富士>(銀座・松坂屋) を開催
    宮尾本『平家物語』(週刊朝日連載小説)の挿絵制作が始まる
2000 平家物語「青龍の巻」中島千波挿絵原画展開催
    (日本橋・高島屋、他巡回)
2001 深川不動尊(成田山東京別院深川不動堂)内仏殿格天井の小下図
    (100号)完成
    数年先に格天井完成予定
現在、東京芸術大学美術学部デザイン科教授



2019-11-06
カテゴリトップ>版画>日本画作家の版画
作家名 中島千波
題 名 寒緋牡丹
技 法 リトグラフ
落 款 作者鉛筆サイン・朱印
限定部数 67/150
画面の寸法 40.9×53.0cm
額縁の寸法 62.9×75.4cm
額縁の仕様 金泥版画額縁
裏面に壁吊り用金具・ひも付き
額縁の窓 アクリル
マット 布マット
装 丁 布タトウ(黄袋付き)
状 態 【中 古】 新品同様
再額装し、箱は新しいものに交換済で
とてもきれいな状態です。






●こちらの作品を立てて飾ることができます
2本組木製額立てH550 ¥4,752


価格
129,600円 (税込)送料無料
1〜2日以内に発送予定(店舗休業日を除く)
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く
この商品の配送方法
ラッピング対応 のし対応 のし記名可 メッセージカード フリーメッセージ 名入れ対応商品

SBI証券 オンライン口座開設

INFORMATION

資産運用セミナー

PAGE TOP

株式会社Fan (Financial Advisor Network) /Fan co.,ltd.
COPYRIGHT © SBI証券 株式会社Fan ALL RIGHTS RESERVED.