【返品サイズ交換可】レッドウィング ラインマン ブーツ メンズ レディース 靴 REDWING 2996 Lineman Boot Cigar Retan【コンビニ受取対応商品】

ケア用品のご購入は追加送料不要の同梱がオトク!もっと見る

2019-02-02
カテゴリトップ > ブランド名:R > RED WING(レッドウィング) > LINEMAN ラインマンブーツ | レッドウィング
靴によって大きさって違いますよね?
◆サイズ選びにお悩みの方◆
当店調べではありますがサイズ目安表をご用意しました。
ご購入の際のご参考にご利用下さい。

他のレッドウィングシューズと比べ作りが小さめです。
+0.5cm大きいサイズをおすすめします。
基準値は?(当店参考値です)
・アディダス スタンスミス
 普通/やや幅狭
・コンバース ジャックパーセル
 普通/やや幅狭
・バンズ 全般
 普通/普通
・パトリック スタジアム
 普通/やや幅狭
・グラビス ターマック
 普通/普通
・レッドウィング(Dワイズ)
 やや大きい/普通
※上記値は当店スタッフが着用した感じでの値です。サイズ選びの際の目安としてあくまでもご参考までにご活用ください。

[ ブランド ] レッドウィング RED WING
[ ジャンル ] ブーツ
[ 素  材 ] アッパー:シガー「リタン」レザー※
      製法:グッドイヤーウェルト
      ソール:ブラウン ニトリルコルク

【50年代ラインマンブーツの雰囲気を踏襲】

1905年、アメリカミネソタ州のレッドウィングという小さな町に一軒の靴工場が誕生する。町の名を冠したレッド・ウィング・シューカンパニーである。創業者は自らを「シュー・マン」と名乗るほど、靴に情熱を注いでいたチャールズ・ベックマン他、その思いに賛同した仲間14人。現在でも、アメリカ国内での生産にこだわり、本格的な作りに相反した控えめの値段設定などの条件が重なり、世界中のワークブーツを代表するブランドへと成長した。現在では、赤い羽根がロゴマークとして用いられている。日本では、レッドウィングジャパン (Red Wing Japan) が輸入や企画・生産などを執り行っており、アメリカのレッドウィング社とは型番やモデルが違うものとなっている。

電柱や鉄塔に登り、高所で高圧電流の流れる電線を取り扱うラインマン、すなわち電線工は今でも大きな危険を伴う仕事です。アメリカで電力が一般家庭にまで広く普及した1940〜50年代当時は、作業時の安全への意識も低く、多くのラインマンが作業中の事故で命を落としました。そうした危険が伴うからこそ、彼らはしっかりと足にフィットする靴を求め、「レーストゥートゥ」と呼ばれる、つま先まで靴紐が通る靴を好んだのです。
レッド・ウィング社でもラインマン達の需要に応えるために「レーストゥートゥ」タイプのワークブーツを開発。外羽根タイプのデザインのものは羽根から腰革を1枚の革で作ってあるのが普通で、この革パーツが大きくなることから製造現場では「ワイドパネル」と呼ばれ、ラインマンだけでなく広い用途の作業靴として履かれました。
レッド・ウィング社のワイドパネル・レーストゥートゥ(ラインマンブーツ)は、ソールやステッチのディテールを変えつつ、1960年代初頭までいくつかのタイプが製造されていましたが、中でも今回の新商品『2996』のベースともいえるのは、1952年に発売された#606です。ラウンド・トゥのラスト、コルクソールにパイピングストームウェルトの組み合わせ、つま先近くまで伸びたワイドパネル、その上をカン留めステッチから市革に流れるステッチなどの当時のディテールを踏襲しています。

※「リタン」レザー(Retan)
レッド・ウィングの長い歴史の中で、なめし方や性質を変えつつ90年近く使われてきているレザーの名称。今日のリタン・レザーは50〜70年代のものが持っていた雰囲気に近づけるため、フルグレインのオイルドレザーに薄い塗膜を施した後、レジン系のトップコートで仕上げ、強めのツヤをもたせました。
レッドウィング/RED WING

レッドウィング | RED WING

当店はレッドウィング正規取扱店です。ご安心してショッピングをお楽しみください。
  • レッドウィングの商品画像
  • レッドウィングの商品画像
  • レッドウィングの商品画像
商品情報
[ ブランド ] レッドウィング RED WING
[ ジャンル ] ブーツ
[ 素  材 ] アッパー:シガー「リタン」レザー※
製法:グッドイヤーウェルト
ソール:ブラウン ニトリルコルク
【50年代ラインマンブーツの雰囲気を踏襲】
1905年、アメリカミネソタ州のレッドウィングという小さな町に一軒の靴工場が誕生する。町の名を冠したレッド・ウィング・シューカンパニーである。創業者は自らを「シュー・マン」と名乗るほど、靴に情熱を注いでいたチャールズ・ベックマン他、その思いに賛同した仲間14人。現在でも、アメリカ国内での生産にこだわり、本格的な作りに相反した控えめの値段設定などの条件が重なり、世界中のワークブーツを代表するブランドへと成長した。現在では、赤い羽根がロゴマークとして用いられている。日本では、レッドウィングジャパン (Red Wing Japan) が輸入や企画・生産などを執り行っており、アメリカのレッドウィング社とは型番やモデルが違うものとなっている。

電柱や鉄塔に登り、高所で高圧電流の流れる電線を取り扱うラインマン、すなわち電線工は今でも大きな危険を伴う仕事です。アメリカで電力が一般家庭にまで広く普及した1940〜50年代当時は、作業時の安全への意識も低く、多くのラインマンが作業中の事故で命を落としました。そうした危険が伴うからこそ、彼らはしっかりと足にフィットする靴を求め、「レーストゥートゥ」と呼ばれる、つま先まで靴紐が通る靴を好んだのです。
レッド・ウィング社でもラインマン達の需要に応えるために「レーストゥートゥ」タイプのワークブーツを開発。外羽根タイプのデザインのものは羽根から腰革を1枚の革で作ってあるのが普通で、この革パーツが大きくなることから製造現場では「ワイドパネル」と呼ばれ、ラインマンだけでなく広い用途の作業靴として履かれました。
レッド・ウィング社のワイドパネル・レーストゥートゥ(ラインマンブーツ)は、ソールやステッチのディテールを変えつつ、1960年代初頭までいくつかのタイプが製造されていましたが、中でも今回の新商品『2996』のベースともいえるのは、1952年に発売された#606です。ラウンド・トゥのラスト、コルクソールにパイピングストームウェルトの組み合わせ、つま先近くまで伸びたワイドパネル、その上をカン留めステッチから市革に流れるステッチなどの当時のディテールを踏襲しています。

※「リタン」レザー(Retan)
レッド・ウィングの長い歴史の中で、なめし方や性質を変えつつ90年近く使われてきているレザーの名称。今日のリタン・レザーは50〜70年代のものが持っていた雰囲気に近づけるため、フルグレインのオイルドレザーに薄い塗膜を施した後、レジン系のトップコートで仕上げ、強めのツヤをもたせました。
※在庫の管理には万全を期しておりますが、実店舗との在庫共有や仕入先様在庫状況の変化により売り違いが発生してしまう場合もございます。誠に恐れ入りますがご理解の上、ご了承下さい。

レッドウィングをお探しならこちらもおすすめ

【着後レビューで500円クーポンプレゼント】【日本正規品】【送料無料】redwing レッドウイング レッドウィング
価格
40,600円 (税込 43,848 円)
※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
ポイント15倍
6570ポイント
※上記ポイント倍率には、スーパーポイントアッププログラム分は含まれておりません。
▼ ご希望のサイズまたはカラーをお選びください。
幅(ワイズ) × サイズ
  Dワイズ
7.0(25.0cm)×
7.5(25.5cm)×
8.0(26.0cm)お取り寄せ(3〜5営業日程度で発送予定)
8.5(26.5cm)×
9.0(27.0cm)お取り寄せ(3〜5営業日程度で発送予定)
9.5(27.5cm)×
10.0(28.0cm)×
10.5(28.5cm)×
11.0(29.0cm)×
「再入荷」→再入荷時メールでお知らせします
▼商品到着後レビュー投稿でプレゼント   
個数 
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く
ラッピング対応
この商品を購入された方のレビュー すべてのレビューを見る(1件)
このショップのレビューを見る
総合評価条件に満たないため総合評価は表示できません。

せいさん0284さん 50代/男性

評価5.00

投稿日:2018年01月23日

取りあえず一ヶ月ほど履いてみての感想ですが、大変履きやすいと思います。脱ぎやすく履きやすくて気に入ってます。 

SBI証券 オンライン口座開設

INFORMATION

資産運用セミナー

PAGE TOP

株式会社Fan (Financial Advisor Network) /Fan co.,ltd.
COPYRIGHT © SBI証券 株式会社Fan ALL RIGHTS RESERVED.